賃貸丸ごと情報 TOP

このサイトについて

「賃貸物件」といえば、種類や大きさ、使用目的などによって様々な種類がありますが、一般に、居住用の賃貸物件であれば、どこかしら似たようなイメージがあります。

賃貸用のワンルームなどはその最たるものですが、2DK以上の大きさを持つ物件でも、壁が薄かったり、デザイン的に安っぽかったり、建物のクォリティ自体が分譲よりも低めであることが多いようです。

しかし、「分譲賃貸」と呼ばれる物件があります。
これは、もともと分譲マンションであった物件を賃貸に出したものをいいます。もとの物件が永住に耐えるものとして造られていますから、建物自体のグレードは高く、様々な機能や装備がついていたり、デザイン的にも優れていたりと、全体としてハイクォリティな物件なのです。

このような「分譲賃貸」物件は、持ち主が転勤などの事情で賃貸にしたり、もともと投機や節税目的として購入したものが多いようです。

借りる側にとってはお得感のある物件ですが、出回っている物件数が少ない点が難点です。
では、どのようにして希少な物件を探し出せばよいのでしょう?

「分譲賃貸」を探すには、リロケーション(転勤者)物件を探す方法が効果的です。
これは、持ち主が転勤の期間中、部屋を貸し出すもので、期間は個々の事情に応じて様々です。
が、この種類の物件を得意とする不動産会社は、リロケーションといった言葉を広告などに使っていることが多いので、探し出すのも、そんなに難しくはないでしょう。

また、住宅情報誌などには、「分譲貸し」と表示されているものがあります。
ほか、ファミリータイプの間取りやオートロックの物件なども分譲物件である場合が多いようですから、気になるものを見つけたら問い合わせてみると良いでしょう。

    賃貸情報コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    Copyright(C) 賃貸丸ごと情報 All Rights Reserved.