賃貸丸ごと情報 TOP賃貸丸ごと情報 >「賃貸オフィス」の形態は様々

「賃貸オフィス」の形態は様々

住居としてではなく、企業の事務所として場所を貸し出す「賃貸オフィス」があります。
賃貸オフィスには様々な形式があり、会社にビル丸ごと全体を貸す場合や、1フロアを丸ごと貸し出す場合もあります。

賃貸オフィスを契約すると、電話回線や電気工事、内装工事、時には鍵の交換など、様々な事柄が必要となり、時間も費用も掛かります。
ですが近頃では、これらの一切が不要な「レンタルオフィス」という形態も出てきました。

「レンタルオフィス」も「賃貸オフィス」の一種です。

ですが、レンタルオフィスの場合には、上記に挙げた工事などはすべて整えられており、契約すれば、すぐにオフィスを使用できるという、とても便利な形態です。

しかし、このオフィスの形態は一部屋を一つの企業が使うというものではなく、例えば広い1フロアをパーテーションなどで区切り、複数の企業が共同で使うというものです。
当然、トイレや給湯場なども共同となります。

しかしすぐに使える、また、費用の面でかなりの節約ができるという手軽さから、小さなオフィスや立ち上げたばかりの企業などに人気を呼んでいるようです。
退去時にも、前者はすべてを元通りにして引き渡さなければなりませんが、後者の場合には、そうした負担もありません。

これからも様々な形の「賃貸オフィス」が出てくるかもしれませんね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 賃貸丸ごと情報 All Rights Reserved.